ビーギャラリー 喪服

佐世保出身です!

佐世保の街

私は長崎県の佐世保市で生まれて中学ぐらいまで佐世保市に住んでいました。

 

今は引っ越しをして長崎市内に住んでいますが、おじいちゃんとかおばあちゃんとか親戚は佐世保とかにもたくさんいますし、長崎市内とか平戸市、福岡とかにもいます。

 

高校生とかの間までだけども、夏休みとかお盆とかお正月とかって里帰りで佐世保に帰るんですけど、これが毎年すごい楽しみだったです♪

 

まあ長崎市内から佐世保までは、近言って思っている人も多いけど、意外に時間がかかります。車で1時間半から2時間ぐらいって感じでしょうか?

 

西海を通っても、高速で東彼杵を通っても、やっぱり1時間半ぐらいはかかってしまうんです。まあ2時間見ておくといいかなって感じです。直線距離は68キロしかないんですけど、大村湾をグルって回らないと行けないんで仕方ないです。

 

電車、JRで行くと、長崎駅から佐世保駅まで、結構時間がかかってしまうんで、やっぱり車で206号線だったり、高速道路使って行くのが早いって思います。

 

佐世保って佐世保バーガーとか有名で、佐世保バーガーマップとカモあるけど、勿論美味しいけど、やっぱりちゃんぽんもすごい美味しいって思います。佐世保駅にも2つチャンポン屋さんが並んでいてどっちも美味しんで、佐世保に行く事があったらぜひ行ってみると良いですよ(^-^;

 

香蘭(こうらん)と大善(だいぜん)ていうお店なんですが、いつも香蘭(こうらん)と大善(だいぜん)どちらが旨いか?って言う話題になります。勿論それ以外のお店、駅周辺とか中佐世保とか、佐世保市内とかにも美味しいお店ってありますけどね。

 

 

田舎のルール

佐世保市ってやっぱり田舎なんで田舎のルールって結構難しい物があって私には難しいんです。

 

彼岸とかお盆とか初盆とか初七日とかって言う集まりがあって、やっぱりちゃんとした服を着ていないと怒られます。あと、みんな田舎の方ではちゃんとした格好とかをしているんで、喪服・礼服でしっかりしたものを持っていないと恥ずかしい思いをする事になります。

 

喪服・礼服、ブラックフォーマル、喪服とかって難しい日本の衣装ですよね。ルールとか決まりとかって難しくて全然理解できていないんですけどね。

 

今は別に長崎市が住みよいし、好きになっているんでいいですけど、やっぱり佐世保市は生まれ故郷だし、おじいちゃん・おばあちゃんも住んでいるんで大事にしたいですからね。

 

なのでちゃんとした喪服・礼服を1着はちゃんと買わないといけないなって思ったんです。

 

 

喪服・礼服を1着も持っていない

女性の喪服・礼服

私はちゃんとした喪服・礼服を持っていません。 でも喪服・礼服ってちゃんとした物を1点でいいので持っておきたいところです。

 

結婚式とか卒業式とかならまだしも、お葬式って急な事なので、持っていないと不安です。

 

急に買ったり、急にレンタルしたりって出来ないし、そもそも喪服・礼服って何? 喪服・礼服と喪服って違うの?とかっていう疑問がありますよね。

 

喪服・礼服っていうと冠婚葬祭って感じがするけれども、結婚式とか入学式・卒業式とかに着ていける喪服・礼服ってあります。 ママスーツとかセレモニースーツ・お受験スーツっていう喪服・礼服!

 

そして、お葬式とかに着ていける喪服・礼服ってあります。 ブラックフォーマルっていう喪服・礼服!

 

どちらの喪服・礼服も買う事が出来て、それぞれのシチュエーションにピッタリの喪服・礼服が買えるビーギャラリーで購入する事が出来ました。

 

ビーギャラリーの通販ならそれそれの種類に分かれているんで喪服・礼服が買いやすいと思いますよ♪


ビーギャラリーの喪服通販

B-GALLERY

ブラックフォーマルB-GALLERY

 

B-GALLERY、ビーギャラリーって言う通販は喪服・礼服の専門店です!

 

喪服・礼服っていろんなシチュエーション出来る事が出来ると思いますが、入園式・卒園式・入学式・卒業式・結婚式なんかの礼服もあります。

 

お葬式の喪服・礼服、ブラックフォーマル、カテゴリーごとにしっかりと分かれているんで、間違えて買う事もなしし、恥ずかしい思いもする事がないんですよね(o^-^o)

 

やっぱり喪服・礼服を買う時にどれを買うのか分からない、何をどんな時に着ればいいのか分からない!って事がおおいので、そういう時にはやっぱり専門店に任せるに限りますよね。

 

喪服・礼服って冠婚葬祭どの場面でも使えて基本的には同じになるらしいけど、光沢の違いとか微妙な違いがあると思います。

 

そういう時はこの通販で買うといいと思いますし、おすすめですね♪

 

≫フォーマル専門店ビーギャラリー(B-GALLERY)の喪服・礼服(女性)通販サイト

 

 

喪服・礼服のマナー

 

喪服・礼服のデザイン

喪服・礼服のデザインって迷うかも知れませんが、やっぱりシンプルなものがいいようですね。

 

露出は少なく、控えめのシンプルな喪服・礼服が定番になっています。 入・卒業式なんかのママスーツとかだと、まだすこしデザイン鮪凝ったものでもいいんでしょうけど、 喪服・礼服=シンプルな無地っていうのが無難かなって感じです。

 

スカートの丈もひざ下が定番です。 ひざが見えないのが基本なんで、立っている時だけではなくて、座った時にもひざが出ない方がいいようです。

 

 

喪服・礼服の素材

基本は黒だと思います。。 黒無地とか地味目の織柄で上下同じ素材が基本になります。

 

透け感とか光沢っていうのは避けないといけないですね。 結婚式とかセレモニースーツ、ママスーツなら上品なサテン生地とかでの光沢は良いようです。

 

お葬式のブラックフォーマルは光沢と透け感はないのが基本ですよ。

 

 

喪服・礼服のコート

冬の時期とかだとコートも必要です。 喪服・礼服専用のコートも売っていますが、、持っていないなら黒・グレーとか地味目カラーのコートなら問題が無いようです。

 

 

喪服・礼服のアクセサリー

真珠が一般的で定番です。 真珠の一連のネックレスで真珠の色は黒、グレー、白です。

 

指輪は結婚指輪以外はしないのが普通ですね。

 

 

喪服・礼服の小物

小物も黒で光沢無いものが無難ですよね。

 

バッグとかハンカチ、カサとかも黒でシンプルな物を用意できればいいかなって思います。

 

 

喪服・礼服の靴・ストッキング

黒のプレーンなパンプスに黒のストッキングを履くのが定番です。

 

ヒールは3cm〜5cm程度でストッキングは肌色でも良いようですが、黒を履いている人が多いですね。

お香典の相場

お香典をいくらにするか?

お葬式に出席するときに悩むのがお香典をいくらにするか?って事だと思います。

 

お香典の相場というのを調べてみたので下記に紹介しておこうと思います。 相場で考えると5000円から1万円程度って言うのが多いようです。

 

勤務先の上司や同僚、友人などは5000円程度みたいですね。

 

おじ・おば・親類になると1万円程度が相場になるようです。

 

もう少し詳しく書くと

 

親族・身内の場合の相場

祖父母・・・1〜3万円

 

両親・・・3〜10万円

 

兄弟・・・3〜5万円

 

親類の場合は、

 

叔父・叔母・・・1〜3万円

 

その他親類・・・1万円

 

 

勤務先での相場

上司・部下・同僚・家族・・・5000円

 

お世話になった上司・親しかった同僚、部下・・・1万円

 

 

友人・知人の相場

友人・知人・・・5000円

 

5000円が相場で学生であれば3000円程度でも構わないですが社会人以上は5000円が相場でしょう。

 

特に親しい友人、知人の場合は1万円を包んでも良いです。

 

 

上記はあくまでも相場の金額なので軸として考えた方がよいです。 関係性とか周りの相場感と合わせるのが良いでしょう。 相場を軸として考えて金額を決めると良いかなって思いますよ。

 

 

お香典の注意

3000円未満は避ける、4と9のつく数字は避ける

 

 

私の友達の話

 

お葬式の作法

私の友達のお母さんが亡くなって、会社の同僚がお葬式に行ったらしいんですが、お香典が1000円だったらしいです。

 

これは相場から見てもかなり安い金額ですよね。 少なくても5000円が相場って所ですから。 それに3000円以下は避けたい金額ですね。

 

友人の両親とか隣近所の方でも最低3000円程度って言うのが目安見たいですから、1000円ってかなり安いです。

 

何処かで調べたり、誰かに聞いたりしたんでしょうかね?

 

今でも私の友達は話のネタにして笑っていますが、当時はそんな心境でもなかったでしょうね。

 

自分が恥ずかしいだけではなくて相手の事もありますから、やっぱり相場ってだいじですね。

 

迷ったら5000円にしておけばまあ大丈夫かなって思います。

喪服・礼服の体験談

タイトル:旦那に喪服・礼服を買わせた

ちょっと前に、旦那が転職をしました。で、仕事を転職をしたら、やっぱり職場での付き合い方とかも変わってきますよね。

 

もしかしたら、結婚式とかお葬式に出ないと行けない機会も出てくるかもしれません。でも、旦那はちゃんとした喪服・礼服をもっていない…(;´Д`)

 

男性でも一着くらいは、持っておくべきだと、私は思うんですね。旦那はまったく思わないようで、男性って黒のスーツがあるから大丈夫とかって感じなんでしょうけど、見る人が見たら喪服・礼服の濃い黒とスーツの黒って違うんですけどね。

 

それでなんとか買わせようと思って、試行錯誤してみました。で、とうとう買わせました。笑

 

広告とかに、先着何名様まで!!とかあるじゃないですか。あれを利用させてもらいました。激安な時に並んで買っちゃおうぜ!みたいな感じで。笑

 

で、早起きして、並んでゲットです。安かったけど、それなりに素材とか良いやつでした。これで、お葬式だろうが、結婚式だろうが、掛かって来いです。笑

 

 

犬のお葬式

ちょっと前の事だけども、可愛がっていた愛犬の「シュン」が死んでしまったんです。

 

飼い始めたのが私が中学ぐらいの時だったと思います。それから16年間ずっと一緒だったシュンが結構突然に死んだんですよね。

 

でも犬の年齢で16歳って言ったら人間で言うとおじいちゃん・おばあちゃんでかなり高齢で人間で言うと80歳ぐらいだと思います。確かに最後の方は足腰がすごい弱っていて低い段差でも上れない様になっていたけど。

 

まあ病気とかで死んだんじゃあないし、苦しみながらって事でもないし、散歩中に動かなくなってそのまま家に連れて帰って安らかに息を引き取ったって感じだったみたいです。

 

私は仕事中だったので、死に目にも会えず、仕事中に亡くなってラインで連絡が来ていたのを仕事が終わってから見ました。

 

雑種だったんですけど、柴犬がちょっと混じっている感じの顔立ちと尻尾ですっごい可愛くて優しくて癒しの存在だったんですよね。

 

学生の頃は部活で忙しくて社会人になってからは仕事で忙しくて、ちょっと時間が取れたら散歩に連れて行ってあげるって思っていたんですけど、結局それも叶える事が出来ずに・・・

 

シュンが死んだことでものすっごく悲して3日間位ご飯も食べれなかったけど、4日目には火葬したんで骨だけになってしまいました。

 

骨壺・お骨入れに入れられたのを見ながらビール飲んだのを覚えています。

 

シュンが死んでいまったのは悲しい事だけども、生きている物はいつかは死ぬ!命とか時間とか自分とか家族とか友達とか大事にしないといけないなって改めて思ったんですよね。